この仕事への想い

あれはまだ私が27歳頃の話しです。
当時、私は都内の設計事務所に勤めておりました。会社の方針として若手は現場に出してもらえず、私には現場経験というものがありませんでした。

世の中に認められたい一心で、建築士の資格を取りたいと思うようになりました。設計事務所は残業が当たり前の世界で、なかなか勉強時間が確保できません。そのため思い切って会社を辞め、1年間を資格勉強に費やそうと思いました。この1年間やってダメなら設計の仕事は辞めようと、背水の陣で決意したことを覚えています。

当時蓄えがなかった私は、アルバイトをしながら独学で勉強をしました。現場経験のない私は、将来役に立つ建築現場の仕事を選びました。現場がどういうところか知りたかったからです。

 
建築工事現場の派遣作業員として様々な工事現場で斫り工、鉄筋工、ガラ出し、クリーニング、設備関係など何でも屋として働きました。高層ビルの現場は職人の多さに驚きました。デスクワーク上がりの私には、斫り工やガラ出しはかなり肉体的に辛い仕事でした。次の朝、疲労が抜けず起きられないくらいでした。短い休憩時間はポケットに忍ばせた資料で勉強しました。

昼休みに現場近くの公園で勉強していたときは、現場で汚れた服を着ていたためか、浮浪者に仲間だと勘違いされました。残業で遅くなったときは、現場監督さんがラーメンをおごってくれました。将来が見えない不安な環境のもと目標だけが支えでした。

休みの日は図書館で朝から並び勉強しました。図書館に隣接した公園のベンチで息抜き抜きをするのが好きでした。都会の中の公園は唯一ホッとできる場所でした。

その頃、私はある決意をしました。
『合格したら、人の役に立つ“誠意ある仕事をする建築士”になろう』私はこの公園でそう何度も何度も誓いました。そして試験に合格することができました。

 
今でも、人の役に立つ“誠意ある仕事をする建築士”の姿勢で仕事をしています。この経験が私の人生の原動力となっています。